コークスってどうやってつくるの?

炉に入れて高温でむし焼きにします。
コークスは、石炭を炉に入れて空気が入らないように、約1200度もの高温で乾留(かんりゅう=むし焼き)してできる灰黒色の固体です。
このように処理(しょり)することによって、石炭から酸素や水素がとれて炭素が主成分となるので、石炭よりも燃焼効率(ねんしょうこうりつ)の高い燃料(ねんりょう)として使われています。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース