コークスにはどんな種類(しゅるい)と役割(やくわり)があるの?

90%以上が製鉄用(せいてつよう)に使われ、強い鉄を作る還元剤(かんげんざい)の働きをします。
コークスはその90%以上が製鉄用に使われています。製鉄用コークスの役割は、高炉(こうろ)の中を高温にするのと、もう一つ、燃焼(ねんしょう)する際、カーボンを発生させ、酸化鉄(さんかてつ)である鉄鉱石(てっこうせき)の酸素(さんそ)を取りのぞき、強い鉄を作るのです。これを還元作用(かんげんさよう)といいます。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース