コークス炉は何でできている?

耐火(たいか)レンガを組み合わせてつくられています。
コークス炉本体の基本構造(きほんこうぞう)は、炭化室(たんかしつ)、蓄熱室(ちくねつしつ)、燃焼室(ねんりょうしつ)の3部分によって構成(こうせい)されています。いずれも珪石(けいせき)レンガ、粘土(ねんど)レンガなどの耐火レンガを組み合わせてつくられており、炉の形状(けいじょう)により、複雑(ふくざつ)な構造をしています。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース