コークス炉の寿命(じゅみょう)は?

平均で約40年といわれています。
現在日本にあるコークス炉の多くは、1970年代に建設(けんせつ)されたもので、これらは2015年頃から順次(じゅんじ)、寿命がくると予想(よそう)されています。そのため、コークス炉の寿命を伸ばしたり、コークスの消費量(しょうひりょう)をへらす努力が続けられている一方、コークス炉にかわる新しいコークス製造(せいぞう)プロセスの開発(かいはつ)なども進められています。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース