石炭ってどうやってできたの?

大昔(おおむかし)の植物が地中にうもれてできました。
石炭は数億年前(すうおくねんまえ)、湖や沼地(ぬまち)近くに茂っていた植物が倒れて積み重なり、長い時間をかけて地中の熱や圧力によって押し固められ、炭化して黒い石のようなものに変わったのです。この石炭が「燃える」ことを発見した人間が、いろいろなことに使うようになりました。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース