石炭は何に使われているの?
日本では、発電(はつでん)や製鉄(せいてつ)にいちばん多く使われています。
石炭は、日本では、身近なエネルギー源(げん)である電気を起こしたり、鉄をつくる用途(ようと)で使われることがもっとも多く、その割合(わりあい)は全体の約80%にも上ります。
このほかセメントや紙・パルプをつくるためのエネルギー源として利用されたり、さまざまな化学品の原料にもなっています。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース