■乾留途中コークスの標本
史料館MENU
実 施 日:

1989年6月29日(木)

実 施 窯: 大浜4炉2期#78窯
冷 却 法: 燃焼室フリュー覗き穴および炭化室装入口より注水
注水総量→燃焼室(58m3)炭化室(67m3)注水時間→2時間50分
冷却の時期: 装入後7.5時間(乾留約50%)
装 入 炭: 第1,第2装入口(C/S側)と第3,第4装入口(M/S側)で異種配合
VM:26%(C/S側), 24%(M/S側)
この標本は、平成元年の大浜炉休止に際し、乾留機構について検討するため石炭を装入後、乾留が約50%進行した段階で、燃焼室及び炭化室に水を注入し急速冷却を行った試験において炉内より取り出した乾留途中のサンプルです。

炭化室内では両側の加熱壁より炉の内部にむけて徐々に石炭が乾留されコークスとなっていきますが、右図2のようにこの段階では両側の加熱壁側と上部および下部でコークスとなっており、中央部はまだ乾留されていない石炭です。このコークスと石炭の境目がプラスチックゾーンといわれる石炭が軟化溶融している部分です。コークスとなったところには、加熱壁より石炭層側にむかって多数の亀裂が観られます。

コークス層の厚みは一定しておらず薄い部分や厚い部分が不規則に観察されますが、こうした乾留バラツキは蒸発した石炭中の水分がコークスの亀裂の一部を通って加熱壁側に流出しようとする際の石炭層内の水蒸気の流れによってコークス層が内側から冷却されるために生じます。水蒸気が炉壁側に出るのは比較的大きな亀裂からで、よくみるとこの部分のプラスチックゾーンは欠落しています。
 
 
What's New 映像ライブラリー   関西熱化学株式会社内個人情報保護方針へ
コークス史料館トップへ 施設概要 バーチャル史料館 関西熱化学株式会社サイトへ LINK集
  設立主旨:メッセージ キッズコーナー お問合せ・資料請求 データベース